画像
車検整備に関するQ&A

title

 サイドスリップ測定・調整とは何ですか?

タイヤは直進安定性、旋回性を良くするために、わずかにハの字に角度がつけられています。この角度が狂ってくると、サイドスリップが大きくなり、タイヤの異常磨耗や直進安定性が劣り運転に支障をきたす原因となりますので車検に通らなくなります。そのため車検検査時に測定し狂っていた場合は調整を行います。

※ディーラーや修理工場、車検代行業者様によっては有料の場合があります。(2,160円~4,320円位)
※テクノ、セーフティー車検は基本料金に含まれています。

 ヘッドライト光軸測定・調整とは何ですか?

ヘッドライトは、単純に前を明るく照らしていれば良いというわけでなく、適正な光軸の向きや光量が定められています。この光軸が狂っていると、運転しにくかったり、対向車にとってまぶしかったり、危険を招く原因となりますので、車検に通りません。段差での振動やバルブ交換で狂ってしまったり、タイヤの磨耗や交換、サスペンションのヘタリなどで車全体の姿勢が変化することによっても、ヘッドライトの照らす位置がずれてしまいますので、車検に通らないことはよくあります。このため、事前に光軸の測定を行い、狂っていた場合には調整を行います。


※ディーラーや修理工場、車検代行業者様によっては有料の場合があります。(2,160円~5,400円位)
※テクノ、セーフティー車検は基本料金に含まれています。

 車検後、1週間くらいでヘッドライトのバルブが切れました。きちんと点検しているのですか?保障は効きますか?

申し訳ございません。ヘッドライトやウィンカー、スモールのバルブ(球)系はいつ球切れするかの判断は予測しにくいのが現状です。車検検査時に切れていれば交換をご提案させていただきます。問題なく点灯していて検査後に切れたバルブ(球)の保障はできませんが検査完了後の1ヶ月以内であれば車検時と同じ工賃から30%割引にて交換させていただきます。

納得の車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!