画像
防錆処理・錆止め・ノックスドール

  • HOME
  • その他
  • 防錆処理・錆止め・ノックスドール

title

ノックスドール防錆施工方法(少し古い画像です)

リフトアップ、車両の確認(傷、凹み、汚れの状態等)

 リフトアップ、車両の確認(傷、凹み、汚れの状態等)

施工車両は五戸町にお住いのK様の新車の軽トラックですスズキの軽トラックは錆びやすいらしいとの事で(どこのメーカーもさほどかわりはございませんが・・・)連結部及び中空部施工の防錆Aとアンダーフロアー施工の防錆Bのダブル施工です。

プラスチック樹脂等の取り外し

 プラスチック樹脂等の取り外し

極力、樹脂製の部品は取り外してから防錆処理をします。

キャップの取り外し(これ重要です)

 キャップの取り外し(これ重要です)

錆は鉄板と鉄板の合わせ目及び内部から発生してきます。特に東北地域(青森県)は錆やすい環境にあるので細かい部分ですがキャップ類は取り外します。

樹脂製カバー、キャップ、バッテリー等合計十数点

 樹脂製カバー、キャップ、バッテリー等合計十数点

全て取り外した状態です。今回は2台目購入していただいたのでサービスでバンパーも取り外しての施行となります。(バンパーやドアの内張り脱着施工は当店ではオプションとなっております。)

外装・ボディー下部マスキング

 外装・ボディー下部マスキング

軽トラック、ジムニーは特に時間がかかるので少し施工料金が高めです。ノックスドール防錆施工時に施工しない箇所にマスキングをします。軽自動車だと軽トラック、ジムニーが手間がかかって正直めんどくさかっったりします・・・

車体周りマスキング

 車体周りマスキング

ノックスドール防錆処理システムの溶剤は粒が細かく噴霧されるため極力ボディーに付着しないように下部周りも覆います。この画像は6年位前の画像ですがH28年1月現在はボディ全体(上部)も覆って施工しています。これで準備完了です。

ノックスドール錆止めシステムの特徴

 ノックスドール錆止めシステムの特徴

鉄板と鉄板の連結部分及び内部の中空部に施工する際、特殊な形状をしたホースがとても素晴らしい。このホース360°噴霧できる優れものです。他メーカーにはない形状をしているのでより細部まで浸透、施工することが可能です。H28年現在はよりバージョンアップした専用ガンを使用して施工しています。

防錆A 鉄板と鉄板の連結部・中空部防錆施工

 防錆A 鉄板と鉄板の連結部・中空部防錆施工

錆の発生しやすい鉄板と鉄板の繋ぎ目と鉄板パネルの手の届かない中空部に浸透棒製剤を施工(防錆A)。

施工料金 軽自動車クラス 29,000円~

防錆B アンダーフロア防錆

 防錆B アンダーフロア防錆

ノックスドール防錆システムの特徴二層防錆。フロアー下部にアンダーコート剤を塗布します。防錆に一番大切なことは水分や塩分をを鉄部分に直接触れさせないことです。錆びない、錆びにくいボディーの出来上がりです。

施工料金 軽自動車クラス 25,000円~

最終仕上げ

 最終仕上げ

最後にトランク、バックドア、ドアパネル等に施工し、取り外した部品を取り付け余分についた防錆剤を拭き取って完了です。
※内張りやバンパーを脱着しての施工はオプション料金となります。
防錆Aと防錆Bの二層防錆施工時は 施工料金 54,000円~
詳しい料金はコチラ

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!