画像
予防整備、エンジンオイル

title

エンジンオイル交換はコバック十和田店(プロスタッフ)で

 エンジンオイルの役割

エンジンオイルはエンジン内部での金属同士の摩擦を防ぎ、潤滑し冷却、密閉するなど多くの役目を持っています。更にエンジン内部の防錆や汚れを分散させて洗浄するなども作用を持っています。このような役割を果たすエンジンオイルベース油には主に3種類あって①原油を精製して不必要な成分を取り除き、ベース油としたものに様々な添加物を加えた鉱物油。エンジンオイルとしては安価にできるメリットがあります。②潤滑油に必要な成分だけを取り出してベース油とした化学合成油。高性能だけど高価。③鉱物油と化学合成油をブレンドし価格と性能と両立した部分合成油があります。車検のコバック十和田店(プロスタッフスズキ)では少しでもエンジン内部にダメージを与えないように高性能、高品質な化学合成油を使用しています。

 交換はなぜ必要?なぜ劣化してくるの?

オイル自体は使用するだけで変質していきます。燃焼時に発生するススと水分、未燃焼燃料、塵垢等の異物の混入とエンジンの熱が主な原因です。

①オイルはエンジンの熱で加熱され、酸化し変質します。酸化により粘度が上昇し、オイル内の添加剤が変質、性能が低下、さらに熱によりススと水分、異物の混入によりスラッジが発生します。

②燃焼によって生じたススはオイル中に分散し、ススの量が多くなると粘度が上昇して潤滑不良を招きます。

③ホコリや砂などの異物がエアクリーナーや微小な隙間を通過しエンジン内部に入り込み、傷をつける原因となってエンジン内部を研磨させてしまいます。

④短距離運転の繰り返しや頻繁な発進と停止でエンジんを保護するための冷却水(クーラント)の温度が適正まで上昇しない。こんなときはエンジン停止中に燃焼によって発生した水分や吸入空気が冷却されて、エンジン内部(シリンダー)に結露します。この水分が燃焼物質と反応してエンジンを腐食させる酸を生成したり、スラッジ発生の原因となったりしています。更に結露した水分はエンジン内部の錆びの原因となります。

よって頻繁な発進停止の繰り返し、長時間のアイドリング、高負担による連続高温運転、寒冷地での使用はオイルの劣化を早めてしまうのでエンジンオイルは早め早めの交換が必要となります。車検のコバック十和田店をご利用の軽自動車、コンパクトカー使用の方の実に約8割(地道に調べ上げました)の方は短距離運転と発進停止が多い乗り方(自動車には非常に良くない使い方)をしています。(地道に調べ上げました)何で車検のコバック十和田店(プロスタッフスズキ)では少しでも安心快適にご利用できるようにエンジンオイルは高品質、高性能な100%化学合成油、短いスパンでのエンジンオイル交換をお勧めしています。

車検のコバック十和田店オイル交換時期の目安

 車検のコバック十和田店オイル交換時期の目安

オイル交換価格(料金表)はコチラ

その他の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!